MENU

湘南美容外科クリニックに限らずレーザー脱毛はそれなりの痛みがあるのが一般的!希望すれば麻酔で無痛脱毛にも対応してくれる

医療機関でしか利用できないレーザー脱毛。脱毛サロンなどで使われている光脱毛と比べて出力が高く、脱毛効果に優れると言われています。

 

脱毛効果が高く、短期間でしっかりと効果を実感できるのならそれに越したことはありません。しかし一方で痛みが強いという意見もかなり多いです。

 

そこで今回は、レーザー脱毛でおなじみの湘南美容外科クリニックでの痛みについて紹介していきたいと思います。

 

脱毛箇所で痛みが変わる?

湘南美容外科クリニックのレーザー脱毛は全身に対応しています。腕や脇、ひざ下といった定番の脱毛箇所はもちろん、顔やVIOなどデリケートな部分も脱毛可能です。

 

レーザー脱毛の痛みは脱毛箇所によって大きく変わるとされます。痛みが強い部位は以下の通りです。

 

  • 顔:皮膚が薄くデリケート
  • 脇:毛が太く、皮膚も敏感
  • ひざ下:毛が太い
  • VIO:毛が太く、最もデリケート

 

これら以外もそれなりに痛みはありますが、ほとんどの方は我慢できる範囲内だと思います。しかし、上記した部位に関しては個人差はあるものの、耐えられないほど強く痛みを感じることもあるようです。

 

徐々に出力が強くなる

湘南美容外科クリニックのレーザー脱毛は初回は弱めの出力で始めて、回を重ねるごとに徐々に出力が強くなってきます。そのため、最初の内は大丈夫だったけれど、コースの最後のあたりでは少し耐え難い傷みを感じる…ということもあるかもしれません。

 

痛いときの対処方法

もしもレーザー脱毛の最中に耐え難いほどの痛みを感じる時は素直にスタッフに相談することをオススメします。

 

湘南美容外科クリニックは別途料金が必要にはなりますが、痛みを和らげる麻酔を用意しています。これを利用することで無痛脱毛ができます。例えば、VIOの脱毛だけ麻酔を使う、といったことも可能です。

 

また単純に出力を弱めることで痛みが軽減されることもあります。

 

「痛い方が脱毛効果が高いから!」と我慢する人も多いですが、あまりにも肌への負担が大き過ぎると場合によっては肌トラブルに発展する可能性もあるので素直に相談するのがベターですね。

医療レーザー脱毛なら湘南美容外科

湘南美容外科

おすすめポイント


ボタン